『経営とITと、人をつなぐ』役立つ各種ツール・ノウハウを紹介中。活動エリア:近畿/関西(和歌山・大阪・兵庫・京都・奈良)

IT経営の道具箱

☆★☆ ITコーディネータ「つじやん」が【経営にITを活用いただく為の秘訣をお伝えするブログ】です ☆★☆

ておつなごう だいさくせん ご紹介

日本中のみんなが元気にと日本、海外含め有名なキャラクターが手をつなぎました。
※上記をクリックしますと、本サイトが閲覧できます。

最近の記事

クラウド型会計ソフト「MF(マネーフォワード)クラウド会計・確定申告」ご紹介

製品は、個人事業主向けの「MFクラウド確定申告」、中小法人向けの「MFクラウド会計」の2種類ご用意しております。
上記も、IT経営に必要なツールです。    引用は、ITC先生イチ押し~

クラウド請求書管理ツール「MFクラウド請求書(マネーフォワード)」のご紹介

シンプル請求書作成でコスト削減!! 請求書作成なら、MFクラウド請求書。 今なら請求書郵送が100通無料!
上記も、IT経営に必要なツールです。    引用は、ITC先生イチ押し~

法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のご紹介

バックアップは、クラウドの任せた方が、お得です。
上記も、IT経営に必要なツールです。    引用は、ITC先生イチ押し~

クラウド型CMS「あきばれネット」ご紹介

1.小規模企業・個人事業主・士業向け【特徴<お客様が増やせる>+<自分で仕上げるから低価格>を備えたスマホ対応】2.歯科向け【歯科専門・全国対応「患者さんが増える」低価格】のホームページ作成サービスを。。。
●当方のご紹介で初期費用が5,000円(税別)お安くなります。先ずはご連絡ください。 >>>「割引申込書」入手の為の連絡先

記事一覧

  • ミラサポ関連

    下請取引の正しいルールを知ってトラブルを防ぐ!「METI Journal~聞こえていますか?口に出せない下請事業者のホンネ~」http://mail.mirasapo.jp/c/bg4rabrc25pUtLab昨年、下請取引に関する法令の運用が大幅に強化されました。親事業者と親事業者と下請事業者の共存共栄のためにも双方がルールを正しく理解することが大切です。本冊子で、適正な取引を行う上での注意点やノウハウなどを知り下請取引のトラブル回避につなげていき...

    記事を読む

  • ミラサポ関連

    先月より世界の話題になっている。世界中で感染が拡大中のランサムウエア"WannaCrypt"に悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策についてお知らせいたします。2017年5月12日ごろより世界中で"WannaCrypt"などと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられ国内でも"WannaCrypt"による感染や被害に関する情報が確認されています。*マルウエアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの...

    記事を読む

  • お薦め書籍情報

    ・Amazon ~ → プロが教える情報セキュリティの鉄則 ―守り・防ぐ・戦う科学・楽天 ~ → プロが教える情報セキュリティの鉄則 守り・防ぐ・戦う科学/香山哲司/小野寺匠【2500円以上送料無料】<内容紹介>(概要)サイバー攻撃の手口が高度化・巧妙化し,ウィルス対策ソフトを代表とする従来の防御策では役に立たなくなったということは,すでに多くの専門家から指摘されているとおりです。しかし,サイバー攻撃だけではな...

    記事を読む

  • みんビズ経営塾

    皆さん、こんにちは、今回は、不定期にお話ししております。「ホームページ」の話です。その中で、「ホームページの目的」についてお話したいと思います。みなさんは「ホームページの目的はなんですか?」と聞かれて、明確に答えることはできますか?「名刺代わりにするため」「売上を上げるため」、その答えはさまざまでしょう。ホームページの目的は1つではなく、たくさんあります。どこに目的を据えるかは、人それぞれです。し...

    記事を読む

  • ミラサポ関連

    専門性が高く、負担の大きい特許情報分析を無料でサポート!経営に特許情報を活用してみませんか!?http://mail.mirasapo.jp/c/bg3aabqYfquOdOab「新しい研究開発を行いたいが競合他社の動向が気になる!」「新製品を開発したが、どの技術を権利化するべきか悩んでいる!」そうした研究開発段階、特許出願前でお困りのみなさんを無料の特許情報分析でサポートします。サポートを利用するには、申請を行い採択を受けることが条件に...

    記事を読む

下請取引の正しいルールを知ってトラブルを防ぎましょう!

下請取引の正しいルールを知ってトラブルを防ぐ!
「METI Journal~聞こえていますか?口に出せない下請事業者のホンネ~」
http://mail.mirasapo.jp/c/bg4rabrc25pUtLab

昨年、下請取引に関する法令の運用が大幅に強化されました。
親事業者と親事業者と下請事業者の共存共栄のためにも
双方がルールを正しく理解することが大切です。

本冊子で、適正な取引を行う上での注意点やノウハウなどを知り
下請取引のトラブル回避につなげていきましょう。
http://mail.mirasapo.jp/c/bg4rabrc25pUtLac
カテゴリ
タグ

世界中で感染が拡大中のランサムウエアに関する再度注意喚起!!

先月より世界の話題になっている。世界中で感染が拡大中のランサムウエア"WannaCrypt"に悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策についてお知らせいたします。

2017年5月12日ごろより世界中で"WannaCrypt"などと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられ国内でも"WannaCrypt"による感染や被害に関する情報が確認されています。

*マルウエアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

当該マルウエアの感染や、感染後の拡大を防ぐために、ウィルス対策ソフトウエアの定義ファイルを最新版に更新するとともに
メールを開く際には、添付ファイルや本文の内容に十分注意することやOSやソフトウエアを最新版に更新することが推奨されています。

"WannaCrypt"は、Microsoft社の脆弱性を悪用して、ネットワーク内のPCやサーバへ感染を拡大させる恐れがあるため早期にアップデートを行いましょう。

Microsoft社から提供されている修正プログラムやアップデート方法など詳細はこちらをご確認ください。
http://mail.mirasapo.jp/c/bg68abrczEiMkyab
カテゴリ
タグ

プロが教える情報セキュリティの鉄則 ―守り・防ぐ・戦う科学

プロが教える情報セキュリティの鉄則 守り・防ぐ・戦う科学/香山哲司/小野寺匠【2500円以上送料無料】


・Amazon ~

 → プロが教える情報セキュリティの鉄則 ―守り・防ぐ・戦う科学



・楽天 ~

 → プロが教える情報セキュリティの鉄則 守り・防ぐ・戦う科学/香山哲司/小野寺匠【2500円以上送料無料】



<内容紹介>
(概要)
サイバー攻撃の手口が高度化・巧妙化し,ウィルス対策ソフトを代表とする従来の防御策では役に立たなくなったということは,すでに多くの専門家から指摘されているとおりです。しかし,サイバー攻撃だけではなく,内部の不正やうっかりミスによっても情報は流出します。なぜ,こうも情報流出が続くのでしょうか?それは,情報セキュリティに対する目的の誤解,全体感のとらえ方や優先順位の決め方の誤り,科学的なアプローチ不足など守る側の課題が多いことも一因していると筆者は推察しています。そして,より本質的な課題として,担当者が情報セキュリティに関して体系立てて教育されることなく,多くの場合,ほかの業務と情報セキュリティを兼務の形で,悪く言えば片手間で担っている点を挙げられるのではないでしょうか。少し厳しい言い方をすれば,情報セキュリティの不備は以前からありましたが,サイバー攻撃をはじめとした多くの情報流出事故によってその不備があらわになってきたのでしょう。「では,具体的にどうすればいいのか? どのような技術で対策すればいいのか?」という疑問や悩みに解を示すのが,本書の目的です。

(こんな方におすすめ)
・企業情報システム部門担当者
・セキュリティ法務担当者

(目次)
第1章 セキュリティコンサルティングの現場から――多くの誤解のままセキュリティ対策が検討されている実態

第2章 現在の状況――攻撃側と防御側の実態

第3章 もう一度「基礎」に立ち戻る

第4章 復習――認証基盤ってなに?

第5章 Windows環境における認証基盤Active Directoryの構築勘所

第6章 認証基盤とクラウド

第7章 認証基盤が奪われたらゲームオーバー

成果を出すために考えるホームページの「目的」(その1)

皆さん、こんにちは、
今回は、不定期にお話ししております。「ホームページ」の話です。
その中で、「ホームページの目的」についてお話したいと思います。

みなさんは「ホームページの目的はなんですか?」と聞かれて、明確に答えることはできますか?

「名刺代わりにするため」「売上を上げるため」、その答えはさまざまでしょう。

ホームページの目的は1つではなく、たくさんあります。
どこに目的を据えるかは、人それぞれです。
しかし、この目的をもたずにホームページを作成すると、無駄になってしまうので、作成前に必ず目的を設定しておきましょう。

では次から、ホームページの目的を決めるための方法をご紹介しまょう。


◆目的を決めるために、ホームページで何をするかを考える

ホームページの目的は、

  ・ホームページを使って何をやりたいか
  ・ホームページをビジネスにどう役立てたいか

と言い換えることができます。

売上を上げる・利益を出すというのはビジネス全体の目的です。
その中で、ホームページはどのような役割を果たすのかを明確にしておくと、ホームページの目的が明確になります。

例えば、「これまで展示会やセミナーで見込み客を集めてきたが、もっと見込み客を増やしたい」というビジネス上の課題があるとします。
この課題を解決するために、ホームページを活用して見込み客を増やすには、ホームページでどんな施策をしたら良いでしょうか?

1つの答えとして、「訪問者の情報をもらうために、役に立つ小冊子の配布」をホームページですることが当てはまります。

具体的には、訪問者が「欲しい」と思う小冊子を用意し、ホームページに請求用のフォームを設置します。
訪問者は、フォームにお名前やメールアドレスなどの情報を入れる代わりに、小冊子をダウンロードできるようになるという施策です。

このような場合、ホームページの目的は「小冊子の配布による見込み客情報の獲得」です。

このようにホームページで何をするかが決まれば、ホームページの目的も明確になります。
まだ目的が明確になっていない場合は、ぜひお試しください。

また明確になっている場合でも、ホームページでしていることと目的がズレていないか、確認することも大切です。


◆目的の種類

ホームページの目的には、売上アップを考えた場合、以下のようなものが挙げられます。

  <ホームページの目的例1>

  ・問い合わせの獲得
  ・資料請求やサンプル請求の獲得
  ・メールアドレスの獲得
  ・来店促進
  ・予約の獲得
  ・商品販売
  ・会社案内(※)
  ・商品紹介(※)
  ・情報提供(※)

みなさんのホームページに当てはまる目的や、これからやりたいと思っていることは、この中にありましたか?

上記の中で(※)がついている、「会社案内」「商品紹介」「情報提供」がホームページの目的に当てはまった場合は要注意。

なぜなら、ただ紹介して終わり・情報提供して終わりのホームページは、具体的な成果に結びつけることが難しいからです。

作成する前に、ホームページを見た人にどのような行動(アクション)を取って欲しいかを必ず考えましょう。それが、ホームページの目的を決めるポイントです。

また、直接的に売上アップする(顧客獲得に結びつく)ケース以外にも、以下のような目的でホームページを作成することもあります。

  <ホームページの目的例2>

  ・認知度やブランドイメージの向上
  ・採用者の獲得
  ・既存客のサポート
  ・広告収入の獲得


このように、ホームページの目的にはいろいろなものがあります。
いかがでしょうか。あなたのホームページの目的は何ですか?
目的に合ったホームページを作成できているでしょうか?

どの目的でホームページを作成しようか、または目的に合わせたホームページをどう作成すれば良いか迷ったときは、他社の事例を見るのも参考になります。

弊社の業種別作成実績ページでは、169業種のさまざまな目的をもったホームページをご紹介していますので、参考にしてみてください。

  ▼あきばれホームページ 169業種の作成実績
  https://www.akibare-hp.jp/work/?9ml


次回は、引き続き、ホームページの目的を考えるポイントについてお話します。時期は不定期で恐縮ですが、お楽しみに!
------
クラウド型CMS「あきばれネット」ご紹介
1.小規模企業・個人事業主・士業向け【特徴<お客様が増やせる>+<自分で仕上げるから低価格>を備えたスマホ対応】2.歯科向け【歯科専門・全国対応「患者さんが増える」低価格】のホームページ作成サービスを。。。
●当方のご紹介で初期費用が5,000円(税別)お安くなります。先ずはご連絡ください。 
>>>「割引申込書」入手の為の連絡先
------

特許情報を活用し、他社の一歩先を行く!

専門性が高く、負担の大きい特許情報分析を無料でサポート!
経営に特許情報を活用してみませんか!?
http://mail.mirasapo.jp/c/bg3aabqYfquOdOab

「新しい研究開発を行いたいが競合他社の動向が気になる!」
「新製品を開発したが、どの技術を権利化するべきか悩んでいる!」
そうした研究開発段階、特許出願前でお困りのみなさんを
無料の特許情報分析でサポートします。

サポートを利用するには、申請を行い採択を受けることが条件になります。
申請から分析サポートを受ける一連の流れや
特許情報分析の活用によって期待できる効果はこちらから。
http://mail.mirasapo.jp/c/bg3aabqYfquOdOac

第1回公募受付は5月31日(水)12:00締切です。ぜひご活用ください。
http://mail.mirasapo.jp/c/bg3aabqYfquOdOab
※今回の公募は特許出願前の「研究開発段階」「特許出願前」の段階の方が
対象となります。特許出願後のサポートは6月初旬から募集開始予定です。
Copyright © IT経営の道具箱 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます